2018年個展とトーク情報

 『祇をん芸妓 まめ鶴  
              
2018年5月24日(木)-6月5日(火)


日時 2018年5月24日(木)から6月5日
     11時〜19時 最終日 15時まで
会場 ギャラリー古都
       TEL 075-257-2666
       水曜日休館
入館料 無料

芸妓まめ鶴さんは、4年前から祇園甲部芸妓組合長をなさっている。私が祇園を写し始めた43年前は、すらりと上品な舞妓さんだった。まさに祇園の同時代を生きてきたという感じだ。花街の人として精進し続ける芸妓まめ鶴さんの写真を並べると、しきたりを守り、伝統を伝える祇園街の女性の姿が見えてくる。
       
    『昭和の祇園街』  『祇園の四季ごよみ』
              
2018年3月10日(土)-4月30日(月)


日時 2018年3月10日(土)
     10時〜18時
        (入場5時30分)
会場 祇園甲部歌舞練場
       TEL 075-531-0270
       休館なし
入館料 1500円

写真展「昭和の祇園街」
       昭和48年ー64年
デジタルカメラを使うようになって閉じたままだったフィルムのロッカーを開けてみました。ぎっしりつまったフィルムに写った光景の懐かしいこと。今では見かけなくなった、玄関先の床几で夕涼みする様子や白川女が大八車で花を売る姿がありました。モノクロながら、色を感じる花街の写真です。

写真展「祇園の花ごよみ」
伝統を守って生きる祇園のくらしぶり。それは、生活の中にあるしきたりに支えられています。四季折々の花街の光景を展示します。


2017年個展とトーク情報

    『四国花遍路の旅』 
              
2017年12月21日(火)

日時 2017年12月12日(火)
     1時30分〜15時30分
会場 ゆめりあ うじ
      TEL 0774-39-9377
      JR宇治駅となり
定員 先着80名
  
事前にお申し込み下さい
参加費 300円
申し込み先 下記電話番号
田中和雄 
  電話・FAX 0774−43−6955
河津宗登
  電話・FAX 0774−24−6761

四国88カ所だけでなく、日本中の霊場を巡り、
先達としてお参りし、園四季の風景を撮ってきました。
写真を見ていただきながら、遍路の体験談をしたいと思います。
    『花街を撮り続けて45年 
              
2017年11月21日(火)


日時 2017年11月21日(火)
     1時30分〜15時30分
会場 ゆめりあ うじ
       TEL 075-257-2666
       JR宇治駅となり
定員 先着80名 
  
事前にお申し込み下さい
参加費 300円
申し込み先 下記電話番号
田中和雄 
  電話・FAX 0774−43−6955
河津宗登
  電話・FAX 0774−24−6761

花街を撮り、45年になります。京都の5花街には、何年撮っても飽きることのない魅力があります。これまでたくさんの方々とここで出会い、しきたりや伝統美を守る厳しさを見てきました。写真とトークで、45年間の経験をお話しいたします。
    『フォト縁遊』 写真展
              
2017年12月20日(水)〜12月26日(火)


日時 2017年12月20日(水)〜12月26日(火)
       休館日なし
          11時〜19時(最終日は4時まで)
会場 ギャラリー古都
       TEL 075-257-2666
  京都市中京区河原町通蛸薬師東側塩屋町327

5月、溝縁ひろしとゆかいな写真仲間たちは、ロシアのサンクトペテルブルク、モスクワへ撮影の旅をしました。サンクトペテルブルクは、芸術の都として知られています。今回は、その旅で撮った写真を展示します。

Aコーナー 佐藤詔征さんの写真展
          「ロシアの印象」
Bコーナー グループ展
Cコーナー ロシア写真家 特別展示
         イリヤさん
         ウラジミールさん
         エカテリーナさん
  『フォト・アンパン展』 
              
2017年10月5日(木)〜10月10日(火)


日時 2017年10月5日(木)〜10月10日(火)
       休館日なし
          11時〜19時(最終日は3時まで)
会場 ギャラリー古都
       TEL 075-257-2666
   京都市中京区河原町通蛸薬師東側塩屋町327

NHK京都文化センター写真講座の会員を中心にスタートした「フォトアンパン展」。今回、7回目を迎えます。思うままに写真を楽しみ、思うままに展示して、写真を語り合いましょう。
  『写真で見る日本文学の世界』                                      2017年5月11日〜8月11日


日時 2017年5月15日〜8月11日

会場 ロシア プーシキンドーム文学館

テーマは、プーシキンドームが文学館であることから、「日本文学を撮る」といたしました。
写真愛好家の方々に声をかけ、読まれて心に残った日本を、写真の力でロシアの方に知っていただく趣向です。
私は、花街を撮った「はんなり伝統美」と源氏物語「宇治十帖」を展示しました。
作品はすべて、永久的に保存されるので、これからも両国の相互理解につながればと願っています。

    『国際文化交流写真展』 ロシア編
             
2017年4月13日(木)〜4月25日(火)


日時 2017年4月13日(木)
           〜4月25日(火)
       4月19日(水)は休館日
          11時〜19時
         (最終日は3時まで)
会場 ギャラリー古都
       TEL 075-257-2666
中京区河原町通蛸薬師東側塩屋327

5月、ロシア・サンクトペテルブルクで
示する「日本文学を撮る」と溝縁ひろしの「はんなり伝統美」、源氏物語「宇治十帖」を展示いたします。

2016年個展情報は、しばらくお待ちください。

2015年個展情報 

  
  『祇をん・紗月 …舞妓から芸妓へ
              
2015年4月9日(木)〜4月21日(火)

40年あまり京都の花街を撮り続けてきた中で、一昨年、うれしいことがありました。花街の伝統美が、市から「京都をつなぐ無形文化遺産」に選定されたのです。ちょうど、「美ししいキモノ」の取材で、祇園甲部の舞妓、紗月さんを撮り続けていた時期と重なり、撮影にも熱が入りました。紗月さんの見習いから舞妓、そして芸妓に成長する5年間を展示させていただきます。
日時 2015年4月9日(木)〜4月21日(火)
       4月15日(水)は休館日
          11時〜19時(最終日は3時まで)
会場 ギャラリー古都
       TEL 075-257-2666
      京都市中京区河原町通蛸薬師東側塩屋町327

京都 島原 輪違屋の伝統美 …特別見学
              
2015年4月17日(金)〜4月19日(日)

「太夫撮影会」ご希望の方は、早めに申し込んでくださいませ




 第5回 フォト・アンパン展  2015年10月1日(木)〜10月6日(火)

今年もまた、自由な発想で練り上げられた作品を持ち寄りましょう!

OBの方で、これまでに連絡が届いてない人は、お知らせください。案内を送ります。
 会期:2015年10月1日(木)〜10月6日(火)
 場所:ギャラリー古都   

  ご注意! 搬入日は、9月29日(火)です。

京都市中京区河原町通蛸薬師東側塩屋町327 
            三条サクラヤビル6F
               TEL 075ー257ー2666



2014年個展情報 

 第4回 フォト・アンパン展  2014年9月25日(木)〜9月30日(火)

今年もまた、自由な発想で練り上げられた作品を持ち寄りましょう!

OBの方で、これまでに連絡が届いてない人は、お知らせください。案内を送ります。
 会期:2014年9月25日(木)〜9月30日(火)
 場所:ギャラリー古都   

  ご注意! 搬入日は、
9月23日(火)です。

京都市中京区河原町通蛸薬師東側塩屋町327 
            三条サクラヤビル6F
               TEL 075ー257ー2666
  
   先斗町『芸妓・朋ゆき』  2014年7月11日(金)〜7月26日(土)
                             平安女学院 サテライトスタジオにて展示

   店出しから、衿替えをへて、芸妓さんへ。朋ゆきさんの8年間を撮り続けた写真展。
京都の写真家-溝縁ひろし
佛教大学四条センター講演会
おもしろ京都学のゲストに招かれました。花街を撮り続け、感じたことや変化など、
名コーディネーターの吉澤健吉さんとお話する企画です。
みな様、お誘いの上、ぜひお越しください。
ご参加、お待ちしています。
 

 四国遍路の旅
「弘法大師の霊跡」
2014月4月3日ー15日

2013年個展情報 

 NHK文化センター×「美しいキモノ」コラボ講座開催
 
        ドイツ ミルテンベルグの仲間たちがやって来る!
 
 
『京都・ミルテンベルク国際交流合同写真展』
 
 
 

「マイン川の真珠」と言われるドイツの美しい町、ミルテンベルグ。
2011年には私の個展、2012年9月には現地で町の写真クラブの方々と写真展を開催して交流を深め、数日間撮影三昧の日を過ごしました。今年秋、ミルテンベルグの写真クラブのメンバーが日本にやってきます。写真展出品や交流パーティーへの参加、大歓迎。たくさんの方の参加をお待ちしています!
合同写真展には、ドイツの写友も、来日したり、写真で参加してくれます。
 
場所  京都国際交流会館 姉妹都市コーナー展示室
           お問い合わせ 075-802-5164まで
 日程 2013年10月22日(火)〜10月27日(日)
                  10:30〜17:30
 10月22日、同会館レストランでオープニングパーテイをいたします。5時からのオープニングセレモニーの後、歓迎パーティーで、会費は8000円です。
             お問い合わせはこちらへ
 第3回 フォト・アンパン展  2013年10月17日(木)〜10月22日(火)

今年もまた、自由な発想で練り上げられた作品を持ち寄りましょう!

OBの方で、これまでに連絡が届いてない人は、お知らせください。案内を送ります。
 会期:2013年10月17日(木)〜10月22日(火)
 場所:ギャラリー古都   
    
 京都市中京区河原町通蛸薬師東側塩屋町327 
            三条サクラヤビル6F
               TEL 075ー257ー2666
              「京の夏の旅」 JR西日本 JR東海
  
文化財特別公開 祇園甲部歌舞練場庭園と
              
溝縁ひろし写真展「祇園」
                  
2013年7月13日(土)〜9月30日(月)
 休館 9月20日(金)−9月24日(火)

第38回JR西日本 JR東海の「京の夏の旅」で、文化財特別公開を見るツアーがあります。その一つが、祇園甲部歌舞練場庭園拝観。祇園甲部歌舞練場は、「都をどり」の会場として知られていますが、特別公開される庭園は、大正期に建てられた歌舞練場別館棟と八坂倶楽部に囲まれた、池を中心にした回遊式庭園です。今回は、舞妓が「都をどり」総をどりで着る衣裳や小道具が展示されますが、同時に私の写真展も開催いたします。
祇園を撮って40年余り・・・撮り続けてくることができたのは、お茶屋のお母さん、芸妓さん、舞妓さんなどのおかげと思うこの頃です。もう会うこともなくなった方々もたくさんいます。そこで、今回は、1970年代のモノクロ写真や1990年代のフォトキャンパス仕上げの写真を展示したいと思います。
この夏、富士山がユネスコ世界文化遺産に登録されました。日本人の精神のよりどころが世界文化遺産として認められたわけです。その昔、「フジヤマゲイシャ」と言われました。まさに、花街の女性は、日本の伝統美そのものを生きているといっても過言ではありません。その花街の伝統美を、これからもより深く写し、記録して行きたいと思っています。(有料)
 「京舞妓 宮川町」 出版記念写真展 4月11日(木)〜4月23日(火)

 
会場ギャラリー 古都 
 
   京都市中京区河原町通蛸薬師東側塩屋町327
                  三条サクラヤビル6階

                  TEL(075)257-2666 
           
11時〜19時(最終日15:00)
                      休館 4月17日(水)

 
会期:平成25年4月11日(木)〜4月23日(火)

NEW ! 
 (株)光村推古書院から、4月 「京舞妓 宮川町」を出版します。
 出版記念ギャラリートーク&サイン会を行いますので、ぜひ
 お越しくださいませ。
  テーマ:『レンズを通してみた花街 宮川町のこと』

   トークショー 4月12日 13日 21日 各13:30〜14:30
 「芸舞妓の衣装展」 〜 やかたの宝物 先斗町 2月26日(火)〜3月17日(日)

会場:
織成館 
 
京都市上京区浄福寺通上立売上ル大黒町693番地
  TEL(075)431-0020 
  FAX(075)415-2590

会期:平成25年2月26日(火)〜3月17日(日)


入場料:500円 常設展とセット料金700円


2010年秋から、京の花街を一つずつ紹介してきた「織成館」
の特別展。 今回は「先斗町」です私の写真展「先斗町の四季」は、3階に展示して あります。他に特別企画として、「女性のためのお茶屋遊び」「小舞と狂  言と花街」など、面白い企画がたくさん用意されています。

      お問い合わせは、(財)手織技術振興財団 織成館まで


2012年個展情報
 

 「ドイツ ミルテンベルグ」 Miltenberg 2012年5月17日(木)〜5月29日(土)

会期:2012年5月17日(木)〜5月29日(土)
場所:ギャラリー古都   
    
 京都市中京区河原町通蛸薬師東側塩屋町327 
            三条サクラヤビル6F
               TEL 075ー257ー2666

  ◎ 展示
「マイン川の真珠」といわれるドイツの美しい町、ミルテンベルグ。
2011年8月、現地で「霊峰・富士山」と「芸者」というタイトルで作品展を行いました。町の写真クラブの方々とも交流を深め、数日間撮影三昧の日を過ごしました。ドイツの人々にとって光あふれる夏は、歓喜そのもの。祭にも参加しましたので、生き生きした人々の暮らしを見に来てください。

その様子は、下記「ミルテンベルグの町と人々」のミルテンベルグの旅」のリンクページで、見ていただけます。



 ミルテンベルグの町と人々 ドイツを旅し、作品展もやりましょう!
                                     2012年9月17日(月)〜9月30日(日)   

会期:
2012年9月17日(月)〜9月30日(日)
場所
ミルテンベルグ 州庁舎にて
今年、ミルテンベルグ市は、市制775年!
2011年8月、ミルテンベルグで交流した地元の写真クラブの方々と、1つの約束をして帰国しました。写真の好きな同士、お互いの町を訪ねて撮影し、作品展をしようというものです。
お祝いの行事も多く、町が賑わっています。ビールも、とてもうまい。 
ツアーを組んでいますので、参加ご希望の方や情報を知りたい方は、溝縁までご連絡してください。
 HPのトップページにあるアドレスにメールしていただくことができます。


  ドイツ ミルテンベルグの旅 」

 第2回 フォト・アンパン展 京都にて 2012年10月4日(木)〜10月9日(火)
10月目指して、会員の皆さん、作品作りの方、よろしく!
また、OBの方で、第1回の連絡が届いてない人は連絡してください。ご案内を送ります。
会期:
場所:ギャラリー古都   
    
 京都市中京区河原町通蛸薬師東側塩屋町327 
            三条サクラヤビル6F
               TEL 075ー257ー2666

無事、盛況のうちに終了いたしました。ご来場の皆様、ありがとうございました。


 京都花街の伝統美 東京にて  2012年2月12日(日)〜2月25日(土)    

会期:2012年2月12日(日)〜2月25日(土)
場所:鞄穴C東京証券
      
 JR東京駅八重洲中央口より徒歩4分
             
TEL 0120ー746ー104
  ◎ ギャラリートーク日程
       2月12日(土):1:00  2:30
       2月18日(土):1:00  3:00  
舞妓さんも会場へ
       2月19日(日):1:00  3:00  
舞妓さんも会場へ
       
2月25日(土):1:00  2:30
 しきたりを守り、伝統ある暮らしをすることはたやすいことではありません。 けれども、華やかな表舞台裏の、その踊りや仕事に精進する日々が女性を磨いていきます。舞妓を志した少女が、見習い、舞妓、そして一人前の芸妓になっていく花街。40年カメラを通して見続けた視点で、京都花街のことをお話できればと思っています。
  ◎ 展示
 花街の記録写真を撮り始めた1970年代の祇園町。私の最初の写真集「祇園舞妓抄」は当時の様をが、モノクロ写真で収めています。その頃の写真を含め、5花街の年中行事
店出しの様子など、約50点を展示いたします。


鞄穴C東京証券1Fギャラリースペース 

 過去の個展情報

 戻る

京都の写真家・溝縁ひろしTOP ■ お問い合わせはこちらまで。