HIROSHI MIZOBUCHI

 

news   photographs   publications   cv   contact

━ News ━

第11回 フォト・アンパン展のおしらせ

 

NHK京都文化センター 写真教室の写真仲間が中心になり、年に1度作品を出し合うフォト・アンパン展。今年で11回目を迎えます。長引くコロナはまだまだ油断大敵ですが、それ故に気づかされた大切なこともたくさんあります。気持ちを前向きに、写真の原点である記録性や、創造性、芸術性など、個人が自分の写真観を作品に表現して持ち寄ろうではありませんか!元気がでる作品を楽しみにしています。

 

会期:2021年10月7日(木)〜 10月12日(火)
会場:ギャラリー古都 11:00 - 18:00 ※最終日 14:30 時まで
〒604-8027 京都市中京区河原町通蛸薬師東側 塩屋町327 三条サクラヤビル 6F
電話・075-257-2666

 

主催:フォト・アンパン展 事務局(溝縁ひろし写真教室と仲間たち)
後援:NHK文化センター京都教室
出品者:二水会、歩人21、NHK教室OB、ドイツやロシアとの「国際交流合同写真展」や舞妓撮影会の参加者、フォト縁遊、個人、他 ( 約50名参加 )
世話人:石上敏幸、田村佳数ほか
連絡先:studio@h-mizobuchi.com

 

 

昭和の祇園 光村推古書院 2021年 3月31日発売

 

昭和48年(1973)から昭和64年(1989)までの京都・祇園甲部の写真集。

50年近くにわたって京都の花街を写し続ける写真家・溝縁ひろしが膨大な写真の中から祇園甲部の昭和の写真をセレクトしました。今では見られなくなった風景、お店、生活などに時代の流れを感じる一方で時代を経ても脈々と続く伝統の世界にゆるぎない力強さを感じることができます。
全国の書店、amazonにて発売中。

 

 

花街と芸妓・舞妓の世界 誠文堂新光社 2020年発売

 

全国各地の花街とそこに生きる芸妓や舞妓、それを支える職人たちの「いま」を、歴史や文化、芸能などさまざまな観点から紹介した書籍です。

花街――可憐な舞妓と洗練された芸妓、そして彼女たちの珠玉の芸ともてなしを誇る格調高いお座敷。
「一見さんお断り」の言葉でイメージされる別世界と捉えられる一方で、近年は観光地としての人気も高まり、芸妓や舞妓は日本の美意識や文化を伝える存在として注目されています。
全国の書店、amazonにて発売中。

 

© 2021 Hiroshi Mizobuchi